パフォーマンス向上・演奏技術向上・身心の不調改善には、アレクサンダー・テクニーク
余計な力を抜くパーソナルレッスンが受けられる関西Aru Quality Pro

Aru Quality Pro TOP > 資格認定コース

資格認定コース

TEACHER TRAINING COURSE
専門的に学びたい方へ

身体認識コース(資格認定有り)

アレクサンダー・テクニーク教師養成コースのカリキュラム、「AT解剖学」「AT理論」「ATスキル」のうち、「AT解剖学」のみの受講が可能です。  アレクサンダー・テクニークならではの解剖学を学ぶことができます。

特徴と概要

  • 解剖学の知識だけをつめこむのではなく、自分自身の身体の経験とともに、身体の構造と機能について学びます。
  • 生活スタイルにあわせて、学び方を選択できるシステムを導入。
  • 脳のシステムに配慮し、記憶定着を促す授業構成。
  • AT解剖学の知識を用い、レクチャー等、言葉による指導が可能になる「身体認識アドバイサー」の資格認定を実施。
  • アレクサンダー・テクニーク独特の、実際の身体と、脳の中のイメージ(自己認識)とのズレを扱うというテーマは、近年注目され始めた研究分野です・各自のアイデア次第で、様々な方面に開拓の可能性があります。
訓練期間 1~2年間(192時間/64コマ) ※1コマ/3時間
受講料 ¥454,600(192時間/全課程) ☆2年間で履修の場合 ¥22,000/月
開催地 火曜コース:大阪教室(西区京町掘) 土日コース:京都教室 東山区五条

資料など詳細のダウンロードはこちらから

AT解剖学コース 概要

年間スケジュール表

アレクサンダー・テクニークの教師を目指す方

アレクサンダー・テクニーク教師養成コース

個人レッスンやグループレッスンの回数を重ね、より深く、継続的に学びたい方、自らがアレクサンダー・テクニーク教師を目指す方のコースです。 上記「AT解剖学」と同時に、または修了後、理論とスキルを学びます。

受講条件

  • 個人レッスンまたはグループレッスンを最低30回以上受講
  • 当コース講師から参加の許可を得るこ
訓練期間 4年間(1,600時間)〜
受講料 AT解剖学を含んで履修の場合 ¥959,500/年
AT解剖学を終了後履修の場合 ¥845,900/年
開催地 大阪教室(西区京町堀)

Aru Quality Proによる講師養成コースの特徴

  • 10年以上の経験を積んだ、複数の日本人講師による指導。
  • 海外トップクラスのマスターティーチャー達によるバックアップ
  • 将来クライアントの様々な要望に応えるために、どんな状況にも臨機応変に対応できる力をつける。
  • 認知科学の観点から、より理論的で、分かりやすい内容
  • 東洋哲学の知識によって、奥深い理論を身につける。
  • 日本文化の要素にも触れる機会を持ち、感覚を磨く。

資料など詳細のダウンロードはこちらから

AT教師養成コース 概要

各コース規約

年間スケジュール表

柴山 侑佑夏 プロフィール

柴山 侑佑夏

1968年生まれ
獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業
東京国際大学大学院応用社会学修士課程終了

◆アレクサンダー・テクニーク教師
Alexander Alliance Kyoto 卒業
ATI(Alexander Technique International)所属
JATS(日本アレクサンダー・テクニーク協会)メンバー
Aru Quality Pro 教師

略歴
1993年 大学院で「身心一如」の考え方を基盤にした、ニューカウンセリングを提唱した故伊東博に師事する。それとほぼ同時期に、アレクサンダー・テクニークのワークショップに初めて参加する。
「人にはからだがある」ことをあらためて学び始める。
1995年 アレクサンダー教師養成学校のKAPPAで、その2期生としてトレーニングを受けるため、東京より大阪に転居。生計を立てるために、会社員として働きながら、京都に通う日々が始まる。
2000年 アレクサンダー・テクニーク アメリカ研修参加
海外トップクラスの教師のレッスンや、各国のトレーニング生と共に学ぶという、貴重な経験をする。
2001年 アレクサンダー・テクニーク イタリア研修参加
アレクサンダー・アライアンス京都でトレーニングを修了。
大阪から神戸に転居したため、通常は4年のところを6年でトレーニング課程を修了。
痛みを抱えている人、パフォーマンスをする人、先生、カウンセラー、会社員、様々な分野で個人レッスン、グループレッスンのいずれのスタイルでも教えている。
2008年 TPIJapan主催のIIE研修を修了し、認知科学とアレクサンダー・テクニークの融合の研究に携わる。
【英語】 アレクサンダー・テクニークのトレーニングクラス、ワークショップ、個人レッスンで、外国人教師の通訳として活躍。
フェルデンクライス・メソッドやノン・ヴァイオレント・コミュニケーションのワークショップでも講師の通訳として参加。

北村 恵美子 プロフィール

北村 恵美子

1965年生まれ
同志社大学商学部卒業
在学中、会計学を学ぶ傍ら、言葉と認知と身体の関係性に興味を持ち、英語教授法を研究

アレクサンダー・テクニーク教師
KAPPA卒業
JATSメンバー
Aru Quality Pro教師

略歴
1990年 アレクサンダー・テクニークのワークショップに初参加。以後、海外から教師が来日する度にワークショップに参加する。また個人レッスンを継続して受け、本格的に学び始める。
1993年 日本で初めてのアレクサンダー教師養成学校(KAPPA)の一期生として、トレーニング開始。途中で第二子を妊娠。マタニティーライフや出産にアレクサンダー・テクニークを応用できる、貴重な機会を得る。
1999年 出産や子育てとの両立で、六年に延長されたトレーニングを終了。卒業後、アレクサンダー教師として、音楽家、ダンサー、営業職、事務職、対人援助職、教育関係職、主婦など様々な分野の方々と個人レッスンやグループレッスンを展開。
2008年 TPIJapan主催のIIE研修を修了し、認知科学の観点からアレクサンダー・テクニークを研究。
スイスで開催された第6回アレクサンダー・テクニーク世界会議に参加。海外の世界を代表するマスターティーチャ―たちのレッスンを受け、各国からの教師やトレーニング生と共に学びあい、経験を深める。
【教育事業】 夫と共に20年以上にわたり教育事業を展開。現在、ラーニング・コミュニティー「アウラ学びの森」、フリースクール・サポート校「知誠館」を運営し、子供たちの学びの主体化を目指した教育モデルを実践。その中で、アレクサンダー・テクニークの原理が、“学び方をまなぶことといかにつながっているかを実感している。自ら学ぶ喜びは、正解と呼ばれる答えに辿りつくことにあるのではなく、新しい何かに出会い、自分なりの知を構築していくことの中にあるということを、伝えていきたい。"